FC2ブログ

夏の宇佐神宮

台風の行方が気になるところ。毎日暑いですね。

暑い中、台風の来る前にと思い、今日、8月11日に私、秋月は大分県宇佐市の宇佐神宮を訪れました。宇佐神宮は、全国に4万社あまりある八幡様の総本宮です。八幡大神(応神天皇)・比売大神・神功皇后をご祭神にお祀りしています。

宇佐神宮鳥居

広い境内を、暑い時期に歩くのは正直大変でした。でも、水辺にいると少し涼しげな気持ちになれますね。この宇佐神宮、外宮と上宮があるのですが、上宮が昇り階段のため、体の不自由な方や、ご高齢の方・ベビーカーのご家族連れのためにモノレールもありました。定員が少ないため、健常者だけの利用は遠慮したほうがいいみたいですが、階段や坂道の多い神社でこうした配慮があるのは嬉しいことだと思いました。車イスの貸出(予約制)も行っているそうです。

宇佐神宮の橋

どこからか甘い香りがしてくると思ったら、蓮の花が咲いていました。もう花の見ごろは過ぎたようですが、少ないけれど蕾も花もあって、蓮の緑の葉の中に、可憐なピンク色の花びらが見えるのがいい感じです。
宇佐神宮蓮池

広い境内を散策していたら見つけた、趣のある灯篭。自然石を活かして作られたものなのでしょうか。
宇佐神宮灯篭

境内には、上宮・外宮の他にたくさんの末社も祀られています。私は午前中に訪れましたが、広い敷地内をこの気候の中で全部のお社を回ることは出来ませんでした。今度は涼しい時期に訪れてみたいと思います。
宇佐神宮境内

旧暦でお盆の行事を行なう地域では、今月がお盆ですね。私の住んでいる福岡県も、今月13~15日がお盆です。お盆の前に参拝したことで、ご先祖様をより清々しい気持ちでお迎えできるように感じられました。

    秋月



ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

太宰府天満宮の月次祭

5月も下旬になり、最高気温が30度を超える地域も出てきているようですね。みなさまいかがお過ごしでしょうか。

私、秋月は太宰府天満宮のある福岡県在住ですので、太宰府天満宮をしばしば訪れます。今日は25日。太宰府天満宮に祀られている菅原道真公は、2月25日が命日のため、毎月25日に「月次祭」という御神事が行われています。
太宰府天満宮巫女舞
御神事の中で、巫女舞も行なわれていました。写真では一人の巫女さんしか映っていませんが、実際は2人で舞っています。立ち姿や振る舞いがとても美しい所作です。

神職の方々や氏子さん達が昇殿し、御神事が行われています。
太宰府天満宮御神事

神社の境内を散策すると、梅の実がなっていました。
太宰府天満宮の梅の実

梅は、花も美しいけれど、こうして実っている姿もまた、愛らしさと美しさがあって魅力的です。菅原道真公も、梅の花を愛でただけでなく、梅の実が実っている姿を愛でたり、梅の実を使ったお料理を召し上がったりしていたかもしれませんね。

来月になりますが、6月1日には、太宰府天満宮で、「飛梅ちぎり神事」が斎行されるそうです。菅原道真公慕い、京より一夜にして飛んできたという御神木「飛梅」の実を集め、ご神前に奉納する御神事だそう。

境内には、既に菖蒲の花も咲いていました。まだ満開ではないですが、早咲きの株は見事に咲いているものもありました。
太宰府天満宮菖蒲池

春の桜も美しいですが、初夏には初夏の美しさがあると思う今日この頃です。

    秋月



ブログランキング

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

「豊かさ」の神社☆.。.:*・°

元号が平成から令和へ。昭和生まれの私、秋月は「昭和から平成へ」の時期も知っています。天皇崩御のために元号が移り変わった「昭和から平成へ」の時に比べ、「平成から令和へ」の移り変わりは明るいお祝いの雰囲気に包まれていて、時代の変遷に想いを馳せました。

お祝いムードの今回の大型連休。皆さまいかがお過ごしですか?

私は、本日、5月3日に島根県津和野市にある太皷谷稲成神社を訪れました。
太鼓谷神社 - コピー
上の建物は「新殿」で、新しいほうの社殿です。元々の社殿も残っていて、そちらは「元宮」と呼ばれています。元宮は下の写真です。
太鼓谷元宮 - コピー
私はこちらの神社にこれまでも何度か参拝しているのですが、時折、元宮のほうで神職の方が雅楽の練習をされていることがあります。こちらの神社は、神職さんの雅楽も、巫女さんの舞も素晴らしいのです。

こちらの神社で祀られている神様は、宇迦之御魂神(うがのみたまのかみ)と伊弉冉尊(いざなみのみこと)です。稲荷神社に祀られていることの多い、宇迦之御魂神は、商売繁盛や金運向上といった「物質的な豊かさ」の印象が強いですが、「芸事」の神様でもあるのです。「芸事」というのは教養の一つでもありますね。そう考えると、お稲荷様は物質的な豊かさだけでなく、心の豊かさや精神的な豊かさをも司どっているのかもしれません。心の豊かさも、いつまでも失いたくないものです。

今回何となく気になった「神社の門」です。
太鼓谷門 - コピー
今回のような元号の移り変わりや皇位継承って、私には「門が開く」イメージがあるので、それでこの門が気になったのでしょう。門が開くと新しい可能性も広がりそうな気がしてきます。

次に訪れたのは山口県岩国市にある岩国白蛇神社です。
白蛇神社

岩国市には、国の天然記念物「岩国のシロヘビ」が生息しているのだとか。その白蛇を神様として祀っている……のではなく、祀られている神様は、田心姫神(たごりひめのかみ) 、湍津姫神(たぎつひめのかみ) 、市杵島姫神(いちきしまひめのかみ) 、宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ) です。白蛇は、これらの神様の「お使い」として信仰されているそうです。ご利益は五穀豊穣、商売繁盛、福徳、学問や音楽、芸能などだそうです。この白蛇神社も、物質的な豊かさに加えて、心の豊かさや人間的な成長なども御神徳としてあるのでしょう。

神社の手水舎は龍のモチーフの事が多いですが、こちらの神社は蛇がモチーフです。
白蛇神社手水舎

国の天然記念物である白蛇を観覧できる施設が神社に隣接していて、そちらで白蛇に会うことができました。つぶらな瞳がチャーミングです。
白蛇神社の白蛇

令和の幕開けに、「豊かさ」を感じられる神社を訪れてみました。令和の時代が、実り豊かな時代でありますように☆.。.:*・°

   秋月

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

花見とパワースポットを楽しむ~埼玉県、宝登山神社編~

この間Ipadが突然ネットに繋がらなくなったんですよ。
そこでショップに持って行って「これ繋がらないんだけど(-_-メ)」
と言ったら店員さんが少々お預かりしますと持っていったらすぐ戻ってきて
「再起動したらつながりました(*'▽')」
・・・鬱だ氏のう_| ̄|○

東京の桜はもう終わってしまいましたが、まだまだ見頃の
ところがあります。今回はミシュランガイドにも載ったという
埼玉の宝登山神社に行ってきました。
最寄り駅は秩父鉄道の長瀞駅。
都心からだとJR高崎線の熊谷、東武東上線の寄居、
西武秩父線の西武秩父(秩父鉄道はお花畑)で
乗換となります。
長瀞駅

長瀞駅の前の交差点から見える鳥居。この鳥居を
くぐって歩いて10分くらいです。
四つ角

参道には素晴らしい桜並木が続いております。
桜並木

宝登山神社は今から1900年前の創建と伝えられる古社で、
埼玉三社(三峰神社と秩父神社)の一つに数えられます。
鳥居

御祭神は神武天皇、大山祇命(オオヤマツミのミコト)、火産霊神(ホムスビノカミ)
とされていますが、元々は宝登山をご神体とする寳登山大権現をお祀りしていたようで、
そのためか神仏混交色が強いように感じられます。
石段

本殿は江戸末期から明治にかけて再建されたもので、
日光東照宮に似た権現造りです。
人が多いにもかかわらずとても良い気が感じられました。
本殿

平成21年に修復されたばかりということで、とても
きれいです。この辺がミシュランに選ばれた由来か。
彫刻

本殿横の脇障子と呼ばれる部分には、三国志ファンならおなじみの
長坂で劉備の息子阿斗(後の劉禅)を助け出す趙雲の姿が彫られています。
しかしこの趙子龍酷いな(;^_^A
「危ない危ない、死んでは皆に言い訳も出来ぬ」(劉禅さん)
趙子龍、参る!

他にも諸葛孔明や太公望と並ぶ中国史上最高の軍師、張良の姿も。
うーんこれが張遼(三国無双でいうところの山田)だったら三国志の
聖地になったかも(^^)/
山田~!

本殿から橋を渡ると宝玉稲荷に行けます。伏見稲荷から
勧請されたとのことで紛失したものが見つかるご利益があるとか。
稲荷への道

橋で隔てられている(本殿との間に空堀のような谷がある)でことからも
わかるように本殿の摂社というよりは独立した社、といった感じで、
力のあるお稲荷様のようでした。
宝玉稲荷

さらに宝玉稲荷から玉泉寺というお寺に繋がっています。
神仏習合の時代はこの三社で一体だったんでしょうね。
玉泉寺

都心から行くのは結構大変ですが、秩父三社を廻るバスツアーもあるので
利用されても良いかと思います。
駐車場

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

聖地のデパート!唐澤山神社

今回は栃木県の唐澤山神社に行きました。
場所は栃木県、JR両毛線佐野駅や
東武佐野線田沼駅が最寄り駅ですが
バスなどはないので、タクシーか徒歩
になります。
石段

結構な山の上で
神社からは富士山が眺められました。
富士

ここはもともとお城の跡地で、平将門公を
討ち取った俵藤太こと藤原秀郷が築城した
といわれます。最もボランティアのガイドさんの
お話だと実際には秀郷の子孫である佐野氏が
室町時代に築城したのだろうということでした。
境内にはお城の遺構が残されています。
お濠

その後佐野氏の居城として江戸初期まで続きますが、
佐野氏は麓の佐野城に移り廃城になりました。
一説には江戸に大火があった時、唐沢山城から
見ることができた佐野家の当主がいち早く家康の元に
馳せ参じたところ、逆に「江戸を見下ろせるとは何事か」
不興を買って廃城にさせられたという話もあります。
確かにこれだけ眺めがよければ、高い建物がない
当時は江戸まで見通せたかもだけどちょっと嘘くさい(;^_^A
絶景

その後、明治になって藤原秀郷が爵位を追贈された際、
有志の手で秀郷を祀る神社が城跡に建てられたとか。
平将門公ファンの私としてはちょっと参拝に抵抗がある
ところであります。
紅葉2

ここは「ガリレオ(第2シリーズ第7話偽装う(よそおう)」
正直あんまりおもしろくないや映画
「るろうに剣心」の撮影場所だったのでファンの間では
聖地になっているとか。
本殿

さらに戦国時代佐野氏が北条氏についたため
上杉謙信に10度!も攻められ、何度か降伏した
ものの一度も落城しなかったということで
関東7名城の一つとされていて、お城マニア
の聖地でもあるとか。
石垣

また、鉄道の駅から歩いて登れるうえ
コースも複数整備されていることから
ハイキングコースとしても人気があり、
山頂近くにはレストハウスが整備されています。
紅葉

さらにさらに、境内には何匹ものネコが住み着いており、
猫ファンの間でも聖地だとか。
猫

みんな結構人慣れしていて、個体差はありますが
触ってもあまり嫌がりません。
うーん癒される(#^.^#)
猫’S

もちろん紅葉も見事。また近くには唐澤山荘という
松茸料理が有名な料亭もあるとか。
夕日

うーん今度はマツタケを食べに来たい(^^♪
夕日2

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

今年も出雲大社の神在祭行ってきました

アメリカはいつトランプを暗殺するのかね(-。-)y-゜゜゜

今年も出雲大社の神在祭に行ってきました。
今年の日程は11月17日から24日でしたが
方位の関係で連休に行ったのでえらい混雑でした。
やっぱ連休ってすごいな(何がすごいんだ?w)。
本殿

大鳥居をくぐると祓社(はらえのやしろ)があり、まずここに詣でて
穢れを払ってもらうのですが、見ての通り凄い行列!
鳥居の外まで並んでました。ってか本殿への行列と間違えてる人いそう(;'∀')
祓社の行列

でも実は大しめ縄で有名な神楽殿の近くにもあって、
ここはガラガラなのは内緒だ( ^^)
なお、祓社で長々と祈念している人がいますが、
ここは身を清めるところなのでお願いなどせず、
拝礼したらとっとと次の人に譲りましょう。
ここにもあるよ

縁結大祭にも参加。過去の記事
今回は当日申し込んでみたのですが、
休日でも定員オーバーにはならず参加できました。
ただ、事前に申し込んだ人から入場(当日申込者は開催
10分前からしか入れない)ので、やっぱり事前に申し込んだ
方がベターです。また、祭りの間はずっと長椅子に座ることに
なるので、小さいクッションか敷物を持って行ったほうがいいかも。
あと玉砂利の上を歩くので、女性はヒールは避けたほうが無難です。
本殿2

今回は出雲大社近くにある真名井の清水でお水取りをしてきました。
宝物殿の前の通りから大社を出て松江方面に進むとあります。
清水への道

ここの水は出雲大社の神事にも用いられるそうで、
遠くから汲みに来る人もいるとか。
飲用する場合は煮沸しましょう。
あと飛行機で帰る人は手荷物検査で引っかかる
恐れがあるので預けるかあらかじめ出しておきましょう。
真名井の水

それにしても11月も終わりだというのに寒いはずの出雲で
まだ紅葉が残ってました。今年の気象は異常だな。
モミジ

あとさすが連休だけあってどこもエライ混みよう。
特に食事処はどこも満員で、しょうがないから
食事はコンビニで済ませました(T_T)
出雲のコンビニ弁当うめー!
宍道湖2

松江にも寄ってまいりました。こちらはそれほど混んでませんでした。
2015年に国宝に指定された松江城。
松江城

松江城からは宍道湖や松江の町が見渡せます。
現存天守って階段が急で登るかどうか迷う場所も
ありますが、ここは登る価値ありです。
松江市内

雲に隠れていることが多い大山も秀麗な姿を
見せてくれました。
大山

これは松江城敷地内にある興雲閣。
明治天皇をお迎えするために作られた建物で、
その後迎賓館や郷土資料館として使われて
いましたが、平成27年に修復され一般公開
されています。ここも空いているのでおススメ。
イチョウ

今回初めて行った山陰合同銀行松江本店。
ここは何故かガイドブックにもほとんど載ってませんが、
最上階が解放されていて松江市内や宍道湖が
眺められます。
合同銀行

最上階(14階)からの眺め。たぶん私を含めて
10人もいませんでした。JR松江駅からも徒歩圏で
ここ絶対おススメです。
ガラガラです

来年の神在祭は11月6日からだとか。
今度は空いてるといいなあ。
宍道湖1

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

太宰府の天開稲荷神社

12月になりました。12月にしては穏やかな温かなお天気でしたので、私、秋月は太宰府に行ってきました。福岡県太宰府市と言えば、太宰府天満宮が有名です。太宰府天満宮も、紅葉した木々が美しかったです。
s太宰府紅葉

太宰府天満宮から徒歩15分ぐらいのところに天開稲荷神社があります。階段を登っていくのでちょっとキツイかな(^^;
s天開稲荷1

神社って高台にあるところも多いですが、お稲荷様を祀っているところって階段が多い印象がありますね。
s赤い鳥居

ここも紅葉が綺麗です。
s天開稲荷

狛狐さんの顔立ちがハッキリしていてりりしい雰囲気です。
s狛狐

神社の「奥の院」です。小さな洞窟のようになっていて、一人ずつか家族ごとにお参りします。神様に内緒のお願い事をしているような気持ちになれる場所です。
s奥の院

「天を開く」と書いて「天開」という名前がつけられているこの神社は、開運のご神徳があるのだそうです。階段を登った先で見えたのは、青い空と美しい紅葉とお稲荷様のお社。
s紅葉

きっと、いいことがありそうな気がします。
インフィニティのブログを読んで下さっている皆様にも、いいことがたくさんありますように☆.。.:*・°

 秋月



ブログランキング

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

太皷谷稲成神社の新嘗祭

三連休ですね。三連休の初日である今日、私、秋月は11月23日に島根県津和野市にある太皷谷稲成神社の新嘗祭に参列しました。新嘗祭とは、農産物の収穫を神様と共に喜び、食物に感謝するお祭りです。
太鼓谷

朝10時から始まりました。神職の方々が本殿に入場しています。本殿両側にある、白い狛狐さんがとても印象的です。
新嘗祭

神事でしたので、この先の儀式は撮影は控えましたが、この後、普段は開かれることのない本殿の扉が開かれて、お供え物を捧げ、祝詞が奏上されました。

本殿の飾り

本殿内にあった飾りです。これは神さまのお使いのお狐様ではなく、龍と鶴が描かれていました。

神社仏閣や教会といった宗教施設は、合う・合わないはあると思いますが、清々しいエネルギーに満ちていることが多く、参拝すると自分のエネルギーが浄化されていくように思えます。これも神様からの御利益の一つなのかもしれませんね。

太鼓谷の紅葉

神社境内の木々も、美しく紅葉していました。この三連休は紅葉が見られる場所も多い事でしょう。日本の美しい四季の彩りを見つけるたびに、豊かな気持ちになれるような気がします。

   秋月

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

八咫烏をまつる、小烏(こがらす)神社

小烏神社本殿

連休の初めに台風もやってきましたが、7日(日)と8日(月・祝)は好天に恵まれた地域も多かったのではないでしょうか? 私、秋月の住んでいる福岡も、昨日・今日と良いお天気でした。

台風の後のさわやかなお天気の中で、ふと思い立って参拝したくなり、福岡市中央区にある、小烏(こがらす)神社を訪れました。小烏神社の御祭神は建角身神(たけつぬみのかみ)です。建角身神は八咫烏(やたがらす)に化身するとされています。
小烏神社

街中にある小さな神社で、社務所には定期的に神職の方が訪れるものの、常駐しているわけではなく、近くの別の神社が管理をしています。それでも、神社境内の気が素晴らしいからなのか、参拝客も多く見かけました。

s武者絵切抜
上の写真は拝殿に設置されている絵です。建角身神のお姿なのかもしれません。

s菅原社
境内には菅原道真公も祀られています。福岡県は太宰府天満宮が有名ですが、道真公にゆかりのある場所が多く、道真公を祀っている神社も多いのです。
s稲荷社
お稲荷様も祀られています。小さなお稲荷様ですが、温かい気で溢れていました。

この小烏神社を私が初めて訪れたのは、もう何年も前のことです。お参りしていると、本殿から「何かの気配」がしたのです。神社の建物の下には地面がありますから、動物か何かが入り込んだ気配だった……可能性も否定はしませんが、お参りしている最中に本殿からハッキリとした何らかの存在の気配があった……ことに、この神社で祀られている神様とのご縁のように思われて、それから不定期ですが、参拝するようになりました。

人との縁がいつどこでつながっているかわからないように、神仏とのご縁も、いつどこでつながっているかわかりません。神仏であっても、人であっても、ご縁を頂けたら、そのご縁を大切にしていきたいと思います。

 秋月

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

パワースポットへ行こう!大雄山最乗寺道了尊編

久しぶりにラノベ読みました。「ここで死神から残念なお知らせです」
榎田ユウリ先生、新潮文庫。
あーこれたぶんドラマ化されるね。ホントはアニメの方が
向いてると思うけど13話続けるのはちょっと尺が足りなそう。
話は割と王道でサクサク読めるので、引きこもりがちな人や
つい先延ばしにしちゃう人(俺か)に読んでもらいたいです。

6月は紫陽花の季節、ということで紫陽花で有名なパワスポ、
神奈川県の大雄山最乗寺、通称道了尊に行ってきました。
場所は神奈川県西部の小田原駅から伊豆箱根鉄道
大雄山線に乗り、終点でバスに乗換え。
大雄山駅

十年ぶり位に来たけど、前来た時は田舎だったのに
すごく駅周辺が発展していて驚きました。
食事処も多いのがうれしい。
駅前

道了尊行きのバス停は駅を出て右に行ったところにあります。
小田急新松田駅やJR御殿場線松田駅からもバスで来れる模様。
バスの本数は少ないので事前にチェックしましょう。
バス停

20分ほどで到着。バス停周りにはお土産屋さんあります。
帰りのバスの時刻のチェックもお忘れなく。
道了尊バス停

バス停から参道をあるくとこんな美しい景色が。
参道や境内の木々が青モミジが美しくインスタ映えします(^O^)
山門

ここは高尾山などと同じ修験道のお寺で、
1394年に開山されたといわれています。
その際にお弟子さんの道了尊者が天狗の
姿になって1年で完成させ、師の死後
大雄山の守護と人々の救済を願い、
白狐に乗って山にこもった、という伝説が
道了尊の由来だそうです。
地図

参道の左側にある開祖了庵慧明禅師が
座禅をしていたという座禅石。ここも
パワースポットです。
座禅石

参道を登りつめると思ったより大きな伽藍が。
昔はホントに山奥だったでしょうから天狗が
建てたというのも信じられそう。
境内

本堂はあがって御本尊を排することができます。
お釈迦さまと文殊菩薩、普賢菩薩が鎮座されています。
本堂

本堂の先にある金剛水堂。
ここではお水を頂くことができます。
大雄山10

三面大黒天様が祀られている三面殿。
三面大黒天様とは大黒天、毘沙門天、弁財天が
三位一体となった仏様で、豊臣秀吉が信仰していたといわれ
絶大な金運、出世運、良縁を与えてくれるといわれます。
金剛水堂

道了尊サマをお祀りしている御真殿。
お寺のHPによると最乗寺最大のパワスポだそうです。
御真殿

御真殿の横にある道了尊様の像。
白狐に乗っているだけでなく不動明王様のような
火炎を背負い、手には白蛇が。
こりゃ御利益ありそうですね。
道了尊サマ

そして奥宮までの階段。120段ほどあり結構急。
奥宮への道

奥宮には十一面観音菩薩がいらっしゃいます。
ここには御坊さんがいらっしゃっておみくじやお守りをいただけます
(お寺の行事などがあるときはご不在なので注意)。
奥宮

帰りは駅まで歩いて行くことに。
歩いても1時間足らずです。
参道には紫陽花が植えられており、
行った時はまだ早かったですが、
今はちょうど見ごろなのでは。
参道

参道は杉並木で気持ち良いウォーキングができます。
ここから丸太の森という公園や立ち寄り温泉にも行けるので
ハイキングと合わせて訪れるのも良いかも。
参道マップ

紅葉も美しいそうなので、秋にも来たいと思います。
駅までの道

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

プロフィール

霊感占い インフィニティ

Author:霊感占い インフィニティ



恋の行方、仕事、人間関係、結婚離婚
様々な悩みがありますよね。
相手の本心、進むべき方向を
的中率抜群の鑑定師がアドバイス致します。
不倫、三角関係、同性愛、どんな悩みでも御相談下さい。



ブログランキング
応援お願い致します


最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
誕生日占い
パフェリア性格占い
四季の花時計
リンク
RSSフィード