FC2ブログ

日々のつぶやき 

2008-12-02 (Tue) 13:27[ 編集 ]
柔らかく包み込むような
優しい黄金色の銀杏

icyou12012.jpg

穏やかな陽射しの中で
真赤に燃えるもみじ

momiji1201.jpg

木々はそのままだから美しい
飾らないから美しい

冷たく長い冬の前に
この彩の季節を目に焼き付けて

心に銀杏の絨毯を敷いて
紅葉のキャンドルを灯し

冬支度をしよう


ブログランキング

プチッとポチッと、ぜひ応援お願い致します。





スポンサーサイト

つばさ

2008-12-01 (Mon) 12:53[ 編集 ]
冷たく張詰めた風を切って
秋空にカモメが舞う



背中に一杯の太陽を受け
その荒海をも超えた逞しい翼で
一点を見据え青空を駆け抜けて行く

貴方は良いね
だってつまづいたりしないもの

貴方は良いね
だって転んだりしないもの。。。

でも、貴方の様に美しく空は飛べなくても
一歩一歩、歩いて行くわ

躓くのも転ぶのも

それが人生なのだと受け止めて



ブログランキング

プチッとポチッと、ぜひ応援お願い致します。






人間関係

2008-11-26 (Wed) 17:58[ 編集 ]
春に息吹き

重なり合い

寄り添いあい

共に同じ雨に打たれ

ある時は強い風に耐え

夏には真緑のその姿を誇らしげに広げ

楽しそうに生きてきた木の葉達が



晩秋、一枚一枚と去って行く

人との出逢いなんて

そんなものなのかも知れない

賑やかな時なんて

一時的な事なのかも知れない

共に歩んできたつもりでも

心まで通じてなかったのかも知れない


傍から見たら楽しそうに見える人も

本当は見ないふりをしてるのかも知れない

心の中の孤独を


散り行く葉は人間関係の縮図。。。

ブログランキング

プチッとポチッと、ぜひ応援お願い致します。







幸せのしゃぼん玉

2008-05-29 (Thu) 14:33[ 編集 ]
目の前の
しゃぼん玉

逃げないように
ぎゅっと掴んだら
壊れて消えた

あっちの
しゃぼん玉も

こっちの
しゃぼん玉も

ぎゅって掴んだら
壊れて消えた

hand0516.jpg


だから今度こそ。。。

そっとそっと
優しく掌に乗せて

運んでいこう

幸せのしゃぼん玉



ブログランキング




雨上がり

2008-05-26 (Mon) 16:22[ 編集 ]
低く垂れこめた灰色の雲

そんな雨の日は
ゆっくりお茶でも飲みましょう

ずっと窓の外なんか見てなくたって
雨上がりは分かるよ

ほらね
もう上がったよ

だってね、耳を澄ますと聞こえてくるでしょう?

「雨が止んだよ」

ピチュピチュと、チュンチュンと
雨上がりは、いつだって
小鳥達がさえずって教えてくれる

いつも、お知らせをありがとうね

雨の降る日は。。。

傘を差して無理してお出掛けしなくても
ゆっくり鳥達のお知らせを待って

そんな雨の日があっても良い



ブログランキング







忘却の彼方に

2008-05-04 (Sun) 01:03[ 編集 ]
忘却の彼方に閉じ込めて置いたはずの悲しみが
時折、勝手に鍵を掛けたはずの
心の扉から飛び出して来る

053843.jpg


泣いて泣いて疲れ果てて
私の涙はいつ枯れるのだろうと思うほど
涙を流したはずなのに

今も心に残る深い傷跡
たくさんたくさんの心の古傷
感じないふりをして開けない事にしたドアに
閉じ込めたつもりだったけど。。。

まだ痛かったんだね
私の傷

こんな夜は思い切り泣いてしまおう
いつか、きっと、心の痛みも薄れ
悲しみも消えるはず



ブログランキング







帰っておいでよ

2008-02-02 (Sat) 06:04[ 編集 ]
どんな慰めの言葉より
見知らぬ人の薄っぺらな
親切が身に沁みる時があるよね

泣いても
泣いても
泣いても
消えない悲しみがあるよね

貴方は本当に弱虫だった
お酒の力を借りなけりゃ
私にさよなら言えなかったね。。。

Written by 喜多条忠さん
Song by 南 こうせつさん

此処は思い出の店だから
思い切り泣いてしまうような
そんな気がして
仕方がないんだよね

飲んでも
飲んでも
飲んでも
酔えないお酒があるよね

だからさ
今すぐ帰っておいでよ

この店
そろそろ看板だから

貴方がいないと淋し過ぎるよ

貴方がいないと淋し過ぎるよ。。。

ブログランキング

プチッとポチッと、ぜひ応援お願い致します。



----------------------------------------------------------------

きっと、この人は
帰って来ないのでしょうね

大好きな人との思い出の店で
一人

もしかしたら
来るかも知れない。。。

淡い期待を持って待つ姿

私の大好きな歌の一つです



厳寒な心

2008-01-29 (Tue) 14:00[ 編集 ]
寒い寒い北風の中

少しでも体温が奪われないよう
皆、背中を丸めて
俯き加減
街中を足早に歩く

ましてや辛い時や悲しい時は
心までもが凍りつくような
そんな気がして
涙まで溢れ出す

ふと見上げた灰色の空
無言で立つ木蓮は
厳しい寒さの中
懸命に蕾を膨らませ
そしてそっと告げる




元気を出して
冬はもう終わるから
もうすぐ暖かい春が来るから

ブログランキング

プチッとポチッと、ぜひ応援お願い致します。



携帯メール

2008-01-28 (Mon) 13:43[ 編集 ]
今時携帯中毒と呼ばれる若者達も多いと言う

携帯メールは便利でもある
例えば待ち合わせの時に

「少し遅れます」

と伝える時、電車の中で電話するのは
マナー違反であるし

けれど恐ろしい一面を持っていると思う

メールと言うのは言いたいことを
言いたい時に相手の事情を考えず
勝手に投げつけられる手段でもあるし

喧嘩した時、イライラしてる時
疑いを持った時、淋しい時、切ない時

こんな時に送りたくなったメールは
すぐに送らずに一度下書きに保存して
少し落ち着いてからもう一度見てみよう

結構イヤな言葉を投げつけてる事があるから
重く重く書いてる事もあるから
勝手な事言ってたりする時もあるから

少し時間を置いて、もう一度そのメールを
良く読み返して相手に送って良いのか
どうか考えてみよう

書き殴っただけで
スッキリしている場合もあるから

昔は、こんな物がなかったから
電話をするにも会うにしても常に
相手の時間や都合、状況を考えなければ
ならなかった
相手と向き合わなければ
相手にぶつからなければ解決しなかった

技術が進化した今
携帯メールに依存し
相手と膝を突き合わせて向き合う事
時には真っ向から、ぶつかる事が
出来なくなっている人達が増えていると感じる

けれど人と人との真のコミニュケーションの
形は今も変わらない

逃げてばかりいては
真から相手の理解を得る事も
分かり合える事もないと思うよ

ブログランキング

プチッとポチッと、ぜひ応援お願い致します。










一期一会

2007-12-27 (Thu) 23:55[ 編集 ]
駅に着くとにわか雨が降っていて
空を見上げた時
「これをどうぞお使いなさい」
傘をくれて雨の中を小走りで行ってしまった、おじいさん

冬のヨーロッパの帰り、スーツケースが重たくて
階段を苦労しながら降りていたら
スッと手を差し伸べ軽々と降ろしてくれた
大学生くらいの男の子

本当に具合が悪かった時、病院の待合室で
「この子を先に診てやって下さい」と
看護婦さんに真剣に訴えてくれたおばさん

見ず知らずの人がくれる暖かい心。。。

ありがとう

たくさんの優しさは心のページに刻まれていて
時折、その本を読んでは暖かい気持になる

うん、辛いこともたくさんあるけれど
人生ってそんな悪いもんじゃないよね。

そして何か困っている人を目の前にしたなら
迷わず、この手を差し伸べられる人間でいようと。。。

ブログランキング

プチッとポチッと、ぜひ応援お願い致します。