インフィニティ鑑定師によるブログ。 インフィニティ先生方の鑑定例、エッセイなど載せて行きたいと思います(*^_^*)http:www.infinity-fortune.net
■ マトモな男を見抜く
2012年04月25日 (水) 編集 |
こんばんは、麗香です(^-^)
東京では、桜は終わり、新緑へと
季節は移り変わって来ています。

さて今回は「マトモな男」を見抜く方法です。
マトモ=今回はいずれは結婚に繋がる男としますね。

最初は、まず相手の親兄弟姉妹。どれ位、位置を占めているかですね。
良い年して親と同居して居るような男性は居心地が良くて
なかなか家を出ない可能性が大です。

最初のデートですぐにラブホに誘う男性、これはテストの意味も
あると思うのですが、それに乗ってしまう女性はダメです。

さて何度かデートしたら金銭感覚の話題に突入です。
価値観は人それぞれですから、どんな事だったらお金を遣いたい
楽しみたいと相手が考えているか?ここで趣味などが合えば
良い感じですね(^-^)
(パチンコとかギャンブルの趣味はNGですお!)

ここまで来たらご家族と会うなど考えても良いと思いますよ~。

ただ、ここまで来るのも結構大変だったりしますよね(^^ゞ


恋愛攻略法は得意なので、ぜひご相談下さいね~♪



ブログランキング

プチッとポチッと、ぜひ応援お願い致します。














スポンサーサイト
# | 2012/04/25 00:49 | 結婚 | Comment (0) Trackback (0) |
■ 離婚は失敗なのか?
2009年04月02日 (木) 編集 |
生涯一緒に居続けようと
誓った仲、誓い通りに添い遂げる夫婦もあれば
理由は様々あれど結果的に
離婚に至るご夫婦も居る

笑って別れようなんて言う綺麗事では
済まなくて泥沼の愛憎劇もある
そんな時は心の傷も大きい

離婚、確かに一生を誓い合う相手では
なかったのかも知れない
若過ぎてお互い思いやれなかったと
言うこともあるでしょう

傷はすぐには癒えないけれど
結婚と言う大事な場面だったけれど
でも誰にでも道を誤ることはあるのだし
人生の落伍者だと自分を責めることもない

毎日一緒に居た人を失うのは喪失感もあるし
言葉では言いきれない淋しさや悲しみもある。
でもそればかりではなくて
人として学ぶことが必ずあったはず。

いつまでも過去の不幸を汚点として
嘆き悲しまないで、
ひとしきり泣いたなら
自分の反省すべき点を振り返り
そして学び、前を見て進みましょう

ブログランキング

プチッとポチッと、ぜひ応援お願い致します。













# | 2009/04/02 23:36 | 結婚 | Comment (0) Trackback (0) |
■ 結婚へ向けて
2009年01月23日 (金) 編集 |
「結婚したい」と言うご相談は多いけれど
具体的にイメージを描けている人は少ない
考えてみよう。

例えば平日の一日を3で割るとして8時間は仕事
8時間は睡眠、8時間は自分の時間とするなら
自分の時間の8時間の内に仕事への移動時間、
風呂、夕食、細かい事で言えば歯磨き、着替えなど
そうすると自分の時間がいかに少なくなるかが
分かると思う。削れるのは睡眠時間だけれども
そう削ってしまっても体が持たない
その中に「家事」をする時間も含まれる

お互い働くとして家事分担もあって
週末以外の共有時間は極僅かである。

では専業主婦としたなら。
亭主の帰宅を待ってましたとばかりな毎日だったら
旦那はボ~ッとしたい日もあるし
疲れてしまうだろうから旦那ばかりに頼らず
自分の時間を上手に使うことも考えなければならない

大好きな人と毎日一緒に居られて
夢の様な生活が待ってると思うのは大間違い
結婚は共同生活
掃除しようと思ってもゴロゴロされて邪魔だったり
重い物を持ってても手伝おうともしなかったり
そんな毎日が結婚生活

そんな慌ただしい日々の中で
限られた2人の時間に会話を楽しみ
週末には一緒に出掛けて例えば同じ景色で
心を動かす
苦しい時は手を取り合って一緒に歩む

そんなイメージに今の彼は合ってるのかな
まだ彼の居ない人は
そんなイメージ出来る人と出逢わなくちゃね

人生は夢じゃなくて現実なのだから

ブログランキング

プチッとポチッと、ぜひ応援お願い致します。

# | 2009/01/23 23:40 | 結婚 | Comment (0) Trackback (0) |
■ 結婚へ向けて
2009年01月23日 (金) 編集 |
「結婚したい」と言うご相談は多いけれど
具体的にイメージを描けている人は少ない
考えてみよう。

例えば平日の一日を3で割るとして8時間は仕事
8時間は睡眠、8時間は自分の時間とするなら
自分の時間の8時間の内に仕事への移動時間、
風呂、夕食、細かい事で言えば歯磨き、着替えなど
そうすると自分の時間がいかに少なくなるかが
分かると思う。削れるのは睡眠時間だけれども
そう削ってしまっても体が持たない
その中に「家事」をする時間も含まれる

お互い働くとして家事分担もあって
週末以外の共有時間は極僅かである。

では専業主婦としたなら。
亭主の帰宅を待ってましたとばかりな毎日だったら
旦那はボ~ッとしたい日もあるし
疲れてしまうだろうから旦那ばかりに頼らず
自分の時間を上手に使うことも考えなければならない

大好きな人と毎日一緒に居られて
夢の様な生活が待ってると思うのは大間違い
結婚は共同生活
掃除しようと思ってもゴロゴロされて邪魔だったり
重い物を持ってても手伝おうともしなかったり
そんな毎日が結婚生活

そんな慌ただしい日々の中で
限られた2人の時間に会話を楽しみ
週末には一緒に出掛けて例えば同じ景色で
心を動かす
苦しい時は手を取り合って一緒に歩む

そんなイメージに今の彼は合ってるのかな
まだ彼の居ない人は
そんなイメージ出来る人と出逢わなくちゃね

人生は夢じゃなくて現実なのだから

ブログランキング

プチッとポチッと、ぜひ応援お願い致します。

# | 2009/01/23 23:17 | 結婚 | Comment (0) Trackback (0) |
■ 結婚と言う幸せ
2009年01月15日 (木) 編集 |
大好きな人と出逢い結婚して
愛する人の子供を産みたい

極々自然な女性の望む幸せ

けれど必ずしも今の相手は
結婚と言う形を望んでいないかも知れない

現実的な問題として
出来れば子供は体力がある若い内に産んだ方が
良いに決まっているし
けれども相手が結婚を決断してくれないと
悪戯に時間はどんどん過ぎるばかり
気持は焦る

結婚が待っていないのなら
新しい人を探した方が良いのかも知れない
けれど今彼と別れた所で
本当に新しい人なんかと出逢うのだろうか
出逢うまでの一人の時間は物凄く辛いに
決まってる

決められなくて思いは行ったり来たり
そんな事を考えている間にも
時間は無情に過ぎて行く
いつまで考えても出ない答え



貴女にとって結婚が幸せなのか?
それとも今の彼と居る時間が幸せなのか?
幸せの定義は何処にあるのか

どっちも叶えば良いけれど
必ずしもそうは行かないもの
1つしか叶わないとしたら
どちらを選ぶか良く考えて
結婚を望むなら
そんな場合は別れた方が良いのかも知れない
本当に大事なら彼は追って来るはず

そうでなければ
苦しいけれど前に進まなくちゃ

彼と居た月日は長いかも知れないけれど
これからの人生の方がずっと長いのだから



木蓮の蕾は長く厳しい冬を
乗り越えようとしています
春が来る事を信じて


ブログランキング

プチッとポチッと、ぜひ応援お願い致します。



# | 2009/01/15 03:06 | 結婚 | Comment (0) Trackback (0) |
■ 結婚の時期
2008年09月01日 (月) 編集 |
私はいつ頃結婚出来るのでしょうか。。。?

良くある質問です。結婚の時期は霊感以外に四柱推命と言う
命術(それぞれの方が生まれながらに持った運)でも
鑑定します。

○年後。。。なんて言うと

「え~っ!!!そんなに先なんですかっ(/_;)」と
ショックを起こす女性も多いけれど私はいつも言うんです。
早く結婚したかったら婚期が回ってる異性を探して
お付き合いすれば良いんです。 
霊感占いだけを妄信してる方々は考え直した方が良いと
思います。 運気には毎度振り回されます。
霊感占い師が言うんだから、まんざらウソでもないと思います。

ただ、結婚が恋愛のゴールではないし全てではないです。
そこを終着点に設定するのは間違いだと思うよ。



ブログランキング








# | 2008/09/01 00:34 | 結婚 | Comment (0) Trackback (0) |
■ 裏切り
2008年01月24日 (木) 編集 |



大好きで仲良しな女友達。
美人で、お洒落でネイルサロンに行ったり
エステに行ったり女磨きにも余念がない。

そんな彼女に打ち明けられました。
旦那さんの浮気。。。

永遠の愛を誓い合って結婚したのに
何で裏切ったの。。。?

信頼を築き上げるには
とても時間が掛かるのに
失うのは一瞬

彼女の心は傷付きボロボロで
けれど彼女は彼をとても愛しているから
絆を修復することを決断しました

心の傷はすぐに癒えるはずもなく
気丈に振舞う彼女は健気で。。。

壊す方が余程簡単なのに
崩れた愛を、もう一度立て直そうと
今、戦っています

嫌な事は早く忘れようと、たくさん努力して
それでもやっぱり考えてしまうと
彼女は言うのね。。。

私には、ありとあらゆる言葉を使って
励ます以外、何も出来なくて
苦しむ彼女を、ただ見守るしかなくて

なかった事に出来れば良いのにね。

また、きっと2人で心から見つめ合い
笑い合える日が来るから。。。

そんな言葉を送って

ブログランキング

プチッとポチッと、ぜひ応援お願い致します。









# | 2008/01/24 23:50 | 結婚 | Comment (1) Trackback (0) |
■ イケメンと結婚出来る女
2008年01月18日 (金) 編集 |
すご~く素敵な男性や女性に
申し訳ないけれど「え?この女性と?」
或いは「この男性と?」

と思うこと。。。

電車の中でも街中でも良くありますよね。

そんな親しくなったカップルの人達もあり
ずっと観察して来た。何処に惹かれたのか

そして結論と言うか共通点を発見した。

総じてそんな方々のパートナーは

良く笑う人
細かい事を気にしない人
それから100%信頼を置いている人

である。

良い男や良い女には
それこそ見てくれの良い奴等は
幾らでも寄って来るんだと思う
「カッコイイ」とか「綺麗だね」とか
見た目を誉めてくれる人達は幾らでも
居るのだと思う

では内面を見てくれる人は
どれだけ居るのだろうか

良い男や良い女は見た目が良いことを
誉められるのは慣れているし嬉しくもなくなる。
ちゃんと人として見てくれて
最終的に人生のパートナーとして
選ぶのは自分の内面を理解して
ホッと出来る空間を与えてくれる人

素敵な人なら寄って来る異性も増える
行動する度に何をしてたのか
他の異性と会ってたのか
いちいち疑心暗鬼になるような
そんな人は選ばない

選ばれるパートナーとは
目の前に居る
その人を信じられる人達

ブログランキング

プチッとポチッと、ぜひ応援お願い致します。








# | 2008/01/18 00:56 | 結婚 | Comment (1) Trackback (0) |
■ 愛から命へ
2007年12月06日 (木) 編集 |
リピーター様の方より、とっても嬉しいご報告がありました。
12月5日の早朝、この世に誕生した女の子♪(*^_^*)

男女が出逢い愛を持って寄り添う時
それは新しい命と言う形になる

Welcome to this world !!

この子の小さな小さな胸の中では
しっかり心臓が鼓動している

さてさて子育て大変だな~。。。なんて
思いながら賑やかな家族団欒な日々が
目に浮かんで思わず微笑んでしまう

kurumichan.jpg


どうぞこれからも幸せに

ブログランキング

ぜひ応援お願い致します。


# | 2007/12/06 20:08 | 結婚 | Comment (2) Trackback (0) |
■ 男の選び方
2006年07月29日 (土) 編集 |
4年前の8月、友達と海に泊りがけで行きました。
彼女の相談。。。
「私、いつ出会いあるかな。。?」
「うん、来年結婚するんじゃない?」
「超ムカつく(>_<)! 今彼氏も居ないのに結婚出来る
 訳ないじゃない!ヘッポコ占い師めっ!(>_<)!」


プンプンムクれてた彼女、その年の10月に出逢いがあり
目出度く結婚♪ 

。。。「言った通りだったよ。。。」

今では2児の子供を抱えて幸せに暮らしてると言いたい所
ですがっ。

問題は、その後。頑張り屋の彼女、仕事は辞めたくない、
結構稼ぐ訳です。そんなで旦那が甘えて働かなくなり。。。
今でもそうです<(_ _)>。。。

嫁と書いて「嫁ぐ」と読みますね。昔は旦那様方の家に入るのが
嫁でした。けれども今は核家族化も進み女性の社会進出、
活躍する女性も増えていますよね。

そんな中。。。彼女に言ったのね。家庭が大事なら
仕事も全部投げ出して、
「旦那さん、お願いします!」って心もアリじゃない?
そしたら彼も頑張るかもよ。。?

彼女の教育方針(旦那のね。。。)にも問題あったかもね。
でも彼女は仕事は生き甲斐だし続けたいと言うのね。。。

どっちにしても、女房が稼ぐからって働かなくても
良いっつ~のは、私は男として嫌だなあ。。。
で、もって、この彼、資産家の息子なんでね。。。
別にお金に困らないって言えば困らないんでしょうけど
その心がちょっとね。。。

結婚に憧れる女性は多いけれども現実、霞を食っては
人間生きて行けないからさ。。。 子供は大きくなるにつれ
お金も掛かるしね。女性は現実的に色々考えるけれど
男はいつまでも夢見る夢男さんも多いよ。

必死で働いて、その給料が低かったとしたってさ、
そう言う心意気の男が良いと思う。自分の家族だ、
俺が頑張るってさ。

男を見極める、最低限の生活力のある男、
潰しの利く男を選ぼうね!

ブログランキング

ぜひ応援お願い致します(*^_^*)。





# | 2006/07/29 00:25 | 結婚 | Comment (0) Trackback (0) |
| Top | Next