FC2ブログ
2007 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2007 12
答えのない別れ
- 2007/11/30(Fri) -
いくら考えても答えの出ない疑問

何故。。。?
どうして。。。?

貴方は答えてくれないから
一生懸命考える

あの時私がこうしていれば
あの時こんな言葉を掛けていれば

何かが違っていたのかしら

空の雨雲が出て来たのに気付いていたなら
木々の緑が色褪せて行くのに気付いていたなら

今でも2人で笑いあえていたのかしら。。。

過ぎ去った日々は戻らないと知りつつも
眠れない夜を幾夜も過ごし
真っ赤になった泣きはらした目を
擦りながら
何度も何度も考える

幾ら考えても決して答えの出ない問い
けれど考えずにはいられない

冷たい孤独と言う名の木枯らしが
心の中を吹き荒れる

せめてもう少しだけ考えさせて

頭では分かっているけれど
心では、まださよなら出来ないから

ブログランキング

ぜひ応援お願い致します。







スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
縁遠い人
- 2007/11/28(Wed) -
男女が共に手を取り仲睦まじく生きていく
幸せになってね。。。

ほのぼのとした情景が浮かび
愛が続くよう心より願う

しかし一旦裏切りであったり
別れの縺れに直面したりすると
人は苦しみに溢れ
悲しい、辛い想いをする

愛する人に裏切られた切ない気持が
どんなに辛いかは痛い程理解出来る
我慢しないで、たくさん泣けば良い
ユーミンの歌で題名は忘れてしまったが
こんな節がある

「私を置いて行くのなら
 せめて、みんな持ち去って
 貴方が運んでくれた全てを」

一緒に居た楽しかった記憶や思い出まで
持って行ってくれたなら心が楽なのにね

色んな別れがある訳だが他の異性が原因だった場合は
心が行き過ぎてしまう人もいる
執着、怨念、恨み、辛みを持ってしまう
そんな思いに満ち満ちた呪いの心は何とも例え難い

表情は、まるで般若の面の様になり
我々は修羅の心を垣間見る事になる

自分を裏切った相手は許せない
不幸になれ、不幸が起きろ
他の異性と幸せにしてるなんて許さない
とばかりに相手の不幸を四六時中
それこそ手を合わせて朝から晩まで
拝んでいるのではないかと思う程である
これも一種の執着

もしくはどんな手段を使ってでも
取り戻そうとする執着

どうなんでしょうね。。。
他の異性が出来たから去って行ったのか?
それとも、そんな執着の心が交際の間や
喧嘩の時などに出てしまってたから去って行ったのか、
もしくは他の異性に走ってしまったのか。。。

楽になる方法は一つだけ
自分の心を解放すること
執着、怨念、恨み、辛みと言う縄で
ぐるぐる巻きにした心を解き放とう

ブログランキング

ぜひ応援お願い致します。











この記事のURL | 幸せを感じる為のメッセージ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
人の目が向くところ
- 2007/11/24(Sat) -
一気に冷たい風が吹き紅葉シーズンが関東に来ました。
この時期注目されるのは紅葉(もみじ)ですよね。

さて今の時期の桜は、どんなか知ってる方は居ますか?
暖かい春の陽だまりの中で貴方を、ふんわりと淡いピンクで
包んで心を癒してくれた、あの桜のことです。

冬の紅葉(もみじ)は、どんなか気に掛ける方は居ますか?
ただただ余分な葉を落とし、じっと寒さに耐える紅葉を。

自分を分かってもらえないと嘆く前に
自分は、どれだけ分かっているのかな?
どれだけ他を分かろうとしてるのかな?
分かると言うより見ようとしてるのかな。。。




これは紅葉の種の写真です。
誰も振り向いてくれなくても懸命に命を生きて
次の命を育んでいます。
黙々と。

輝いてる時より
寒く辛い孤独な冬の季節を乗り越える貴方を
何も言わなくても、そっと寄り添い見守ってくれる人の方が
余程愛情が深いと思うよ

言葉には代えられないものを見る目を持とう

ブログランキング

ぜひ応援お願い致します。









この記事のURL | 幸せを感じる為のメッセージ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
- 2007/11/21(Wed) -
流れ行く水のように
人の心には形がない




留まると淀むから


刻々と変わる雲のように
人の心には形がない

CIMG6047.jpg


雲がたくさん重なると雨が降る

けれど人は愛と言う言葉を使って
繋げ止めようとする
縛ろうとする
最初から形などないのに
一定の形を作ろうとする

一緒に流れていた水も
支流で別れることがある
一緒に空にいた雲も
風で散り散りになることがある

だから

自分もそのまま流れて行こう
淀むことなく


ブログランキング

ぜひ応援お願い致します。









この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |