インフィニティ鑑定師によるブログ。 インフィニティ先生方の鑑定例、エッセイなど載せて行きたいと思います(*^_^*)http:www.infinity-fortune.net
■ 勝手なイメージ
2009年09月25日 (金) 編集 |
連休終わりましたね(^-^)。皆さんそれぞれ楽しまれたことと
思います。

日曜日、南こうせつのコンサート、つま恋まで行ってきました。
「フォークミュージック」昔も今もメジャーではないでしょうけれど
暖かな温もりもある音楽として私は好きです。

こうせつは礼儀正しくファンを大事にする正統派のイメージが
ずっとありました。コンサートも行った事があります。
けれど今回、拓郎の(吉田拓郎)話題に就いて触れたとき
お客さんとかファンではなく「客が。。。」って言ったんです。
たった一言ではありますが新幹線代、チケット代で3万円近く
掛けて行ったのに。。。たった一言なんだけれど私は
引っ掛かってしまいました。

ゲストとして来ていた松山千春、私はこの方の歌は知ってます。
「長い夜」「恋」など。けれども何だか私の受け取り方として
暗い女々しい感じの曲も多くてご本人に興味を持った事が
ありませんでした。

けれども話し出したら結構面白い人だなと思い。
この人は客どころか「お前ら」と言ってました。
何と失礼な。でもその中に何か温かみを感じました。
良く彼氏に「お前」と呼ばれたくないなんて事
言う女性は居ますが私は抵抗ないんですね。

会場から「生意気だ!」と言う声が飛んだようです。
こうせつファンは60越えてる方々もいらっしゃいますからね。
私は後ろの方で聞こえませんでしたが。

「俺から生意気取ったら何が残るんだよ?
 毛だって残ってないのに」

と彼は返しました。何だか彼が好きになりました。

「○○でさぁあ~」ハゲのおっさんが子供みたいな口調で
話すんですね。

こうせつのコンサートにゲストとして来ていなかったら
松山千春と言う人を知る機会もなかったでしょう。
そんな中で歌ではなく(失礼(^_^;))トークで人として面白いなと
興味を持ったんですね。

全く持って私の勝手なイメージ、大好きなこうせつは良い人!
その、こうせつが言った、たった一言でちょっとショック。
何も先入観も興味もなかった松山千春は失礼な事言ってるにも
拘わらず「面白いな、この人」と感じる。

今回はミュージシャンの話ですが、きっと身近にもそんな事
あるのかなと。メインで来ていた人以外に何だか気が合いそうな
人がいる、何だか惹かれる。

出逢いって、そこら中に転がってるのかも知れませんね(^-^)
でも外に出なきゃ出逢わないよ~!


















スポンサーサイト
# | 2009/09/25 12:56 | 日記 | Comment (4) Trackback (0) |
■ 5名様無料セラピー ~ 心の声を聞こう
2009年09月25日 (金) 編集 |
今回は無料占いの鑑定ではありません。
心理学の面からの麗香の無料セラピートークになります。

☆無料セラピー☆
 電話にて20分間無料

☆条件☆
 ○3枚のカードを選んで頂いてその絵を見ながらお話して行くので
 パソコンまたは携帯の画像を見られる状態でお話出来る方
 (プリントアウト出来るのであればそれでも結構です)
  画像確認の為、途中、中断しても構わないです(^-^)

 ○セラピーは無料ですので通話料はご負担願います。

 ○今回は鑑定ではありませんのでご自身のみの悩みでお願いします。

○体験後の感想をメール、またはお電話で必ず下さる方

ご希望の方はメールにてご応募下さい。

ではどんなセラピーかの内容です。

-------------------------------------------------------------------

人は辛い事は知らず知らずの内に心に秘めたり
嫌な事はなかったものだと考えない様にしたりして
記憶の奥底に閉じ込め鍵を掛けて
自分の心を守りますよね。

うん、それで良いのだと思います。
そうしなければ悲し過ぎることもありますもの。

けれどそんな事を重ねてる内に
次に何かに立ち向かおうとした時
苦手意識みたいなものが芽生えて
避けるようになったりもします。

例えば対人関係、人の輪に上手く入れないとか
異性が信じられないとか
進みたいのに進めない様な問題ってありますよね。
それが何だか分からないのだけれど。

閉じ込めておいた自分の心に聞いてみる。
そんなカードがあります。
3枚のカードを引いて頂いて答えを引き出す方法です。
問題の原因、状況を打開するヘルプ、その結果として訪れる事の
3枚のカードになります。

問題の仮定をしましょう。
今回は対人関係が上手く行かない、友達が上手く作れない
としてみますね。これが自分だとして一緒に考えてみましょう。

クリックすると大きな画像が見られます。

まず一枚目のカードを引いたとしましょう。
12.jpg

この絵をみて下さい。何を感じますか?

後ろは水もあるし緑もあるのに砂漠に向かっています。
空もよく見ると後ろは晴れているのに
向かう方向は何だか天気も悪そうですね。

何故、敢えてそちらに向かっているのでしょうか。。。?

ごちゃごちゃしてたから。
違う場所に行きたくなったから。
思っていたより居心地は良くなかった

色々答えはあるでしょう。

それは何故あなたが対人関係から遠ざかっているのか?を
示しているんですね。
上記のようなカードを引いたのであれば自ら望んで
そうしたのかも知れません。

では2枚目、どんなカードかしら。

25.jpg

分かれた道の前で迷っているようですね。
何処の道に進みますか??
今の道を引き返す、それも選択肢ですね。
やっぱり今迄の人間関係の中でもう一度頑張ろうと
言う事でしょうね。
右下、左右の道、未知の世界に行こうとしてるんですね。
誰も知らない中に飛び込んで行こうとしてるのかも
しれないですね。
左上の道、山登りですね。上り坂で辛い事もあるけれど
上った先には良い事が待っていそうですね。
向上心がある方ですね。
右上の道、冬の様な寂しい道、今は本当に疲れているのですね。
少し一人の方が今のあなたは良いのかも知れません。

さあ、最後のカードです。

38.jpg

閉ざされたドアの鍵を拾おうとしています。
鍵を開ける決心が出来たようです。
ドアの向こうには噴水もあって何だか開けたら
良い事がありそうな感じです。

うん、鍵はずっとドアの前にあったのかも知れないですね。
2番目のカードを考えてみましょう。
今の道を引き返す人は心のドアを開けるのが良いのではと
言うアドバイスなのでしょうね。
左右の道を選んだ方はそれによって新しいドアが開かれ
違った素敵な世界があると言う事なのでしょう。
左上を選んだ方は上に上る事で今迄の対人関係より
レベルの高い人達に接する事になるのかも知れません。
その為には心をオープンにしましょう、鍵はあなたが持ってます
と言う事なのでしょう。

右上を選んだ方は今は少し一人で居る、それが正解だと言う事ですね。
きっと時間が経てばもう一度ドアを開ける鍵を拾う気になると言う事です。
ですから今は無理をしなくても良いんじゃないかな。。。?

-------------------------------------------------------

ブログランキング

プチッとポチッと、ぜひ応援お願い致します。




こんな風にカードを選んで頂いて悩みの解決方法を考えて行きます。
色々なカードがありますので一緒に考える場面も出て来るでしょう。

ご興味のある方、メールお待ち致して居ります。











# | 2009/09/25 00:14 | 癒し | Comment (2) Trackback (0) |
■ 秋色の風
2009年09月11日 (金) 編集 |
季節の風は
秋色に変わり
済んだ空気は淀みなく

chibasky0911.jpg

おとぎ話に出てくるような
夏色の空のキャンパスには
少し強い秋のブルーが足される

chibasky09112.jpg

人々で賑わっていた海も人影少なく
静かに秋の訪れを告げる

chibaumi0911.jpg

今年の夏は如何でしたでしょうか?
お忘れ物なくお帰りください

夏列車の車掌さん。

要らない過去は忘れて行こう
この海に流して。。。

爽やかな季節に向かって
夏を後に。。。

ブログランキング

プチッとポチッと、ぜひ応援お願い致します。




---------------------------------------------------------------

9月だと言うのに千葉の鴨川に泳ぎに行って来ました(^^ゞ。
目的はTVのグルメ旅でやっていた
伊勢海老のパスタがあると言うレストラン

kids0911.jpg

まずはお飲み物&サラダ&パン
kids0911menu.jpg
kids0911menu2.jpg

パスタはなかなか出て来ない。ゆで時間もあるしね。。。
と思いながらやっと登場

kids0911menu3.jpg

小さいながらも伊勢海老が丸ごと一匹載っています。
いただきまぁす!

さてお味の方は。。。
トマトソースに海老のダシが利いてなぁい!(>_<)
味的には、タダのトマトソースのパスタじゃん!
ん~!、イマイチ

さすがに伊勢海老は柔らかくプリプリで美味しかったです。

まあ食べたと言う事で千葉の心残りはクリアして
帰ってきました(^◇^)












# | 2009/09/11 12:32 | 日記 | Comment (0) Trackback (0) |
| Top |