インフィニティ鑑定師によるブログ。 インフィニティ先生方の鑑定例、エッセイなど載せて行きたいと思います(*^_^*)http:www.infinity-fortune.net
■ それぞれの愛し方
2009年10月28日 (水) 編集 |
自分は相手に愛されているのか?
その愛情は本物なのか?どれ程のものなのか?
そんな事、測れるものではないと分かって居ても
知りたいもの。
それを判断する時、人は自分自身の判断基準に頼る

こんな話がある。

ある雨の日の夜、お母さんとケンカした娘が
「母さんなんてキライだ~」と外に飛び出した
後を追おうと思った母親、一旦は外に出たものの
雨だからと言って傘を取りに帰り追いかけた

「だから母さんはキライなんだ」

子供にしてみれば、大事なら雨に濡れる事など気にせず
一心に追い掛けて来て欲しかった。

これは、かつて血液型ブームを巻き起こした
能見正比古さんの本の中にあった一節のお話、
ちなみに子供はA型で(O型だったかも知れないです(^^ゞ)
母親はいつもどこか醒めてるB型のお話。

血液型で全ては当然語れないのだけれども
愛情理解のすれ違いと言う事で引用させて頂きました。

男女関係も同じだと思う。

自分自身の基準で
例えば
愛してるなら週に○度は連絡くれるはず。
毎週末会おうとするはず。

そしてそれにあてはまらず、そうでなければ
相手は愛してない事になり不安になる。

相手には相手の基準があるのかも知れない
2週間に一度会えれば良いかな?とか。
そして、その相手は何も言わない限り
それで良いのだと感じてしまう。

愛情のすれ違いとは、こんな所からきっと始まるのだと思う。

淋しいと感じたなら、そう言えば良いんだし
例えば、それに応えてくれなくて辛い日々が続くなら
お互いの愛し方が合っていないのかも知れないし
「そんな思いをさせてたとは知らなくて」と歩み寄る事も
あるのだし

自分の中で、自分の基準で判断しないで
「どう感じる」と言うのを相手に伝えるのが大事だと思うよ

















スポンサーサイト
# | 2009/10/28 00:11 | 恋愛 | Comment (0) Trackback (0) |
■ 健康診断
2009年10月23日 (金) 編集 |
こんにちは(^-^)

私の家では季節外れのハイビスカスが
まだ頑張って咲いてくれています。
もうそろそろ時期は終わりと思うのですが。
無理しなくて良いよと話し掛けながら

一年に一度位は健康診断を受けた方が良いと
最近思う様になり(年ですかね(^^ゞ)
今年は初めてのガン検診にも行っています。
それぞれの病院に枠があるらしく
申込が遅かった為、あちこちの病院に行かなければ
ならなくなり(~_~;)皆さん本当に健康には気を
遣って居るのだとつくづく思いました。

体の為と思い私はHIPHOPのダンスに週に1度通っていて
「体験レッスン」なるものがあるんですが
今回来た方々は口々に「思ったよりキツい」と。。。
だからこそ週に一度でもやった方が良いと思って私は
始めたのですが、見た目は30そこそこの女性達でしたが
やっぱり余程音楽やダンスが好きでないと出来ないんでしょうね。

相田みつをさんの言葉に「使わない所はダメになる」
と言うのがありました。

体だけではなくて脳もそうですね。
眼が疲れると言う言い訳で大好きな読書も
たまにしかしなくなりましたが
やっぱりそれはダメなんでしょうね。
脳みそ使って勉強しなくちゃ!ですね。

生きてる限りは心も体も健康で居たいものです。

関係ないですが加藤和彦さんが亡くなられました。
先月新幹線に乗って行った「南こうせつ」のコンサートの舞台が
最後だった様です。今時の方は知らないかも知れないけれど
「あの素晴らしい愛をもう一度」を観客と大合唱しました。

鬱病の方は楽しい時間の後、現実に引き戻され
大変落ち込むんだそうです。
何万人も居たとは言え最後のステージに居合わせた
何とも複雑な心境になります。

私はコンサートなど余り行く人間ではないのですが
たまたま誘われたクリスマスのイベントに
「笈田 敏夫」さんと言う歌手の方がいらして
誘って下さった方は彼の大親友だった様で
そんなに間も経たず笈田さんが亡くなり
彼は後を追うように亡くなってしまいました。
きっと天国で今世と同じく親友で居るのでしょうね。

偶然、いや必然、であれば自分は何を求められているのか?

人は宿命とか運命とか言いますけれども
天の使命は誰も教えてくれません。

けれどもこの世に生きとし生けるものは全て
何かを克服して生きるカルマ(課せられたもの)があって
生きているんだと思います。

私の課題はまだまだな様です。












# | 2009/10/23 14:09 | 日記 | Comment (2) Trackback (0) |
■ 時代が失った心
2009年10月09日 (金) 編集 |
知らない人の為に書いておきたい。

日本人であれば祖父母や曾祖父の時代に
必ずと言って良い程、家族を守る為と信じて
戦争で命を落とした方が居るはず
家族と子孫の幸せを願って

愛する彼や夫を、ある日突然、召集令状と
呼ばれる紙一枚で兵隊に取られる
女性は千人針の布を彼に持たせ
無事を祈り待つしかない

海外の日本兵は悲惨だった。
航路を断たれ食糧を積んだ船は沈められ
玉砕を余儀なくされた地域も数々ある
仕舞には戦術も尽きて命を落とす特攻命令まで下る
自爆。特攻隊は飛行機だけじゃなかったんだ。
魚雷もあったし戦車を倒すのもあった。

国内でさえ食べる物も少なくなり
それでも愛する人が帰ると信じて生きて
命を尊いものとし。
白いご飯なんて食べられなかったんだよ。

戦争が終わって時代は推移して、
そう、戦争はとっくの昔に終わり
日本は復興した。

そう何も知らずに我々は生まれた

でも時代と共に置いて来てしまった心がある気がする
置いて来ては行けない心を

今の人はさ

寂しいから死ぬとか
行き詰ったから死ぬとか

金がないから人を殺すとか
思い通りにならないから人を殺すとかさ
自分勝手な、そんな事件が相当増えた。

苦しくて辛くて泣き喚くのは良いさ。
あるよ、そんな事。

でも命を粗末にするのは違うでしょう。
あの人達はそんな心を育てる為に
死んで行ったんじゃない。

いつの日も人の心は変わらない

命を粗末に思うのなら
あの頃の人達は、どんな思いで生きて来たのか
検索してごらん。

硫黄島、サイパン島。。。「玉砕」と言う言葉さえ分からないでしょう?
それでも生き延びて帰って来た男達と待ってた女性達が残した
子孫があなた方なのだから。

毎日ご飯が食べられて平和なのが
幸せなんだと言う事を


























# | 2009/10/09 02:20 | 日記 | Comment (1) Trackback (0) |
■ セラピー体験
2009年10月05日 (月) 編集 |
こんばんは。今日は具体的に出たカードと
お話の内容に就いてご紹介致します。

独身女性で親との関係で悩んでいる方でした。
難しい問題でした。

現在の問題や課題の最初のカード

23.jpg

不気味な影ですね。「この影は何でしょうか?」と聞いたら
彼女はこの影は父親だと言いました。でも絵を見ると自分の影なんですね。
影はずっと一生付きまとう物ですね。ですから父親とするなら
確かに親だから難しい事ではあるとは思いますが色々な親御さんが居りますから
そんなに恐ろしい存在であれば距離を置いても良いのではないか?と感じ
怖い存在だけれども、きっと心の中でずっと切り離せない存在だと思って居る、
それこそが問題なのでは?
と言う事をまず考えて頂きました。

ではアドバイスにはどんなカードが出たでしょうか?
偶然にもこのセラピーを紹介した時と同じカードでした。

25.jpg

道の分岐点ですね。どの道を歩きますか?と聞いたら彼女は右上の雪山の
枯れ木の道を選んだんです。何故その険しい道なのかしら?と聞いたら
行かなくてはいけない気がするからと答えてくれました。

やはり父親は切り離せないと言うイメージが強くて行こうと思えば他の道にも
行けるのに寒くて辛い雪山の道を敢えて選びました。

ここで少しお話をさせて頂きました。彼女の中では親を大事にしなければ
と言う心がすごく強くて辛くても行かねばならない道と考えているのでしょう。
けれどもカードが明確に示したのは他の道もあるよと言う事です。

聞けば父親の家庭内暴力で(お話の紹介はご本人の承諾を得て居ります)
母親も彼女も暴力を受けていた、けれども自分が逃げてしまうと対象が
母親だけになるので逃げられないのだと。
何とも悲しい背景です。

最後のカード、何故かまたWってしまいました。

38.jpg

ドアの前で鍵を拾うカード。
ドアを開けたら何だか安らぎが広がる広場がある。

「鍵拾ったのね。」

と言ったら彼女は

「でもドアはまだ開けないです。。。」と言いました。

自分だけでは逃げられない、けれども鍵は彼女が持っていて
きっとお母さんもその安らぎの広場に連れていけるから
頑張ってねとアドバイスしました。

選択肢があるのも次のドアを開ける鍵も(就職もして収入も
得ていると解釈しました)持っているのに
影が切り離せないで居るのは彼女自身の選択なんですね。

カードは他の道もあるんだよと
ちゃんと教えてくれました。

お話を聞いた所、今迄充分お父さんにも尽くして来た様です。
それでも未だにこんな怖い影に思えるのなら
心の傷はあるでしょうし、影ですから、また追いかけられて
捕まられる恐怖もあるでしょうけれども何とか恐怖に打ち勝って
勇気を出して踏み出して自分自身の幸せも考えて歩んで欲しいと思います。

「選んでたのは自分なのですね。。。」

大きなため息が漏れました。

ご応募ありがとうございました。
決めるのは、すぐではなくて良いと思うよ。

でも、どうぞ勇気を出して。お母さんの為にも。

























■ カードセラピー体験談
2009年10月04日 (日) 編集 |
たくさんのモニターご応募ありがとうございました(^-^)
お話出来なかった方々済みませんでした。
好評だった様で、また考えて居りますので待ってて下さいね。

絵を見て話をして行く、私自身が上手にお話しを引き出せたか
どうかは分かりませんが(^_^;)、それぞれの方々が色々な答えを
下さって私自身も更に勉強となる機会を頂きました。
有難うございます。 

鑑定とは違い、お話して行く中で一番多かった声が
「あ~、そうなんだ」、「そうか~。。。」と改めて自分の心で
強く思う部分、大事に思う事を感じて理解して下さった様で
違う方面から悩みに対しての心の整理のお手伝いが少し
出来たのかしら?と(^-^)感じました。
私は質問したり導いたり答えから分析して行くだけなので
鑑定と違い自分で出した答え、それに対しての分析なので
余計納得出来るのかも知れませんね。

え~、レポートまだの方、お願いします(^_^;)。。。

恋愛に対して自分に自信が持てないと言う方の体験レポートを頂きました。
プライバシーに差し支えない程度でご感想を紹介させて頂きます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

普段の鑑定とは違い
ひとつひとつが自分を省みることができるといいますか
今まで感じていたこと
思っていたことのアプローチの仕方が違うことに気づかされてからは
すこーんっと抜けたような

自信は、字の如く自分を信じる
信じるための、芯、売りがないから自信は持てない
私の売りは?
これといったものがない
そう思っていた

人は、自信を持っていいと言うが
何を?どうすれば自信はつくのか
そう思っていた

アプローチの仕方が違うと感じたのは
素直に自分が、他の人のことを信じていないことだった

それは自分の中では意外なことでしたが
絵からあっさりと感じられることが、自分の深~いところのことだったり
私が自信を持つためには、周りを信じる自分を信じる
それが自信に繋がる

自信を持つ為に信じるのではなく
信じることにより自信に繋がる

それって同じ意味合いのようで全然違う

今までの自分を振り返り
そして変わるための、具体策があり
それも難しくないこと

好きな人とどうなりますか?
好きな人とどうしたら?
というのとは違い
うまく書けませんが、自分で考え答えを引き出してくれる

そんな不思議な感じでした

笑っちゃうくらい
今までの自分を振り返ることができました

また機会があったら、お願いをしたいです






# | 2009/10/04 04:14 | 日記 | Comment (0) Trackback (0) |
| Top |