インフィニティ鑑定師によるブログ。 インフィニティ先生方の鑑定例、エッセイなど載せて行きたいと思います(*^_^*)http:www.infinity-fortune.net
■ 旅立つと言う事
2013年11月07日 (木) 編集 |
こんばんは、麗香です。いつもご利用を有難うございます。
先週は親戚の叔父の葬儀がありまして、お電話頂きました方々、
済みませんでした。

叔父さんは71歳でした。私は、もう彼是、20年以上は会ってなかったと思います。
リウマチと言う病気で15年もの間、痛みで大変苦しんだそうです。
「俺がどんな悪い事をしたって言うんだ?」と嘆いていたそうです。

良く働く人で、女房と3人の子供を養い、立派に育て上げました。
最後は、奥さんの腕に抱かれて、静かに息を引き取ったと言う話でした。

例えどんな心が美しくても、醜い生き方をしても、お金持ちでも、浮浪者でも
遅かれ早かれ、どんな人にも平等に死は必ずやって来ます。
不思議ですね。生まれる時は不公平なのに。

そして何で亡くなるかは、どう決まるんだろうか。

ある日寝て起きたら天国に行ってた方、人生半ばで事故で亡くなる方、
壮絶な苦しみを味わう病気で亡くなる方。

仏教では人は過去世のカルマを背負い、この世に生まれて来て
この世で過去世で悪い事をした人は罪を償うなどと言われています。
過去世の記憶すらないのに。

何だか理不尽に感じますね。

答えの出ない事なので、日々精一杯、日々徳を積んで生きるしかない。

出来れば、近所の豆腐屋の爺さんみたいに、朝起きたら、死んで居て
病気もした事ないのでお医者に掛った事もない、証明を取るのが大変だった
なんて、亡くなり方が理想ですね。

自分が死した時、一体何人の人が見送ってくれるのだろうか?
なんて、どうせ1人で行くのに、下らない事を考えてしまいますね(^^ゞ。

貴方はどう向き合いますか?

叔父さんの冥福を祈りつつ。合掌











スポンサーサイト
# | 2013/11/07 00:48 | 人生 | Comment (0) Trackback (0) |
| Top |