FC2ブログ

「怖い絵展」

横綱白馬富士の暴行問題が連日報道されているが、
確かに暴力はいけないが、そんな大問題にすることなの?
加計問題とか税金の無駄とか他に報道することがあるだろ。
ってかそうした問題から国民の目をそらすために政府が
情報操作してるんじゃないかと疑っちゃうぜ(-。-)y-゜゜゜

声優の鶴ひろみさん(アンパンマンのドキンちゃん、
ドラゴンボールのブルマの中の人)がお亡くなりになりました。
ご冥福をお祈りします。
それにしても声優さんは事故死や病死が目立つ。
お酒を飲む人が多かったり大声を頻繁に出すので血圧が高かったり、
多忙で自由業なので健康診断を受ける機会が少ない
等の原因が考えられます。くれぐれもご自愛のほどを。

混雑で有名になってしまった「怖い絵展」行ってきました。
最大240分待ち!(@_@;)という恐ろしい美術展だけに、
特別に期間中不休で開催して時間も連日20:00まで
延長。じゃあほとんどの美術館が休みになる月曜日が
穴場じゃね?と思って月曜日の朝イチに出かけてみました。
なお会場の上野の森美術館は公園口改札でなく山下口
から行く方が近いです。改札を出たらすぐの階段を上がりましょう。
最寄駅

平日の9:00に行ったのに30分待ち。さすがに混んでます。
開館直後

行列の先頭にコインロッカーがありますが、余裕がないのか
ほとんど使われてません。ラッキーヽ(^o^)丿。
取り出すときは警備員さんに断ってから取ればOK。
ロッカー

で、肝心の内容ですが、結構面白かった。
通常の展覧会だと絵をこう観賞しろとかくらいしか
解説がないんだけど、ここでは絵の背景や意味
などを詳しくかつ面白く解説しているので
私のような素人でも楽しめます。
最も通常の展覧会だと目玉作品以外は
スルーするのだが、みんな一つ一つじっくり
見るので余計混む訳だが(^^;)
看板

なお、実は元ネタの本「怖い絵」に載っている絵は実は
ほとんど来てません!まあ載ってる絵はゴッホ、ボッティチェリ、
ゴヤなど、それだけで展覧会が開けるビッグネームばかりだもんね。
それでも充分面白いです。これからは解説に力を入れた
展覧会が増えるかもね。
大看板

出てきたら100分待ちになってた!
やっぱ凄いね。美術展は12月17日までです。
大行列

なお、チケットの半券で上野駅周辺のお店で
サービスが受けられます。半券は捨てないでね。
チケットは捨てないで
スポンサーサイト



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

驚異の超絶技巧展に行ってきました

アニメガタリズで語られるアニメの元ネタが半分もわからん(T_T)
もう歳かね~(ToT)/~~~

現在、なぜか美術展のオリンピック状態。
若冲展をしのぐ人気とまで言われる怖い絵展(240分待ちだって!)を始め
運慶、北斎、ゴッホ、京都では国宝展だし。
そうした中でひっそりと開催?されているのが三井記念美術館の
「驚異の超絶技巧展」。明治期に外貨獲得のために作られた
工芸品の展示ですが、正直何回も行われているせいか
注目度が低い感があります。
でも凄いものは何度見ても凄い。大体ゴッホも北斎も何回も見てるしね。
場所は東京メトロ銀座線の三越前駅に直結。
JR総武線の東日本橋からも近いです。
三井記念美術館

明治の工芸品が注目され出したのは2014年に
ここ三井記念美術館でも行われた「明治工芸の粋」
展がきっかけだと思うのですが(まともだったころの
「美の巨人たち」も大きいかも)今回はその第2段
ということで、現代の作家にもスポットを当てたのが
特徴だそうです。
ポスター

明治工芸といえばこれ!の安藤緑山。の象牙の彫刻。
あいかわらずほれぼれするわ~。他にも並河靖之の七宝、
宮川香山の眞葛焼など素晴らしい品が並んでます。
一個ほしいわ~。
安藤緑山

そして今回の売りの現代作家。前原冬樹さんの木彫。
どうみてもサンマの食べ残しですが、これ一本の木から
削り出してるんですと!他にもありえない作品がたくさん。
現代にも明治期に勝るとも劣らない作品が生み出されている
とはなんだかうれしい!(^^)!
一木造りのサンマ

超絶技巧展は12月3日(日)まで。通常10:00~17:00
ですが金曜日は19:00までやってます。17:00以降は
通常1,300円の入場料が1,000円になるし、すいてるので
オススメです。
ヘビ

三井記念美術館HP

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

霊感占い インフィニティ

Author:霊感占い インフィニティ



恋の行方、仕事、人間関係、結婚離婚
様々な悩みがありますよね。
相手の本心、進むべき方向を
的中率抜群の鑑定師がアドバイス致します。
不倫、三角関係、同性愛、どんな悩みでも御相談下さい。



ブログランキング
応援お願い致します


最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
誕生日占い
四季の花時計
リンク
RSSフィード