FC2ブログ

フェルメール展2018に行ってきました

2019-01-15 (Tue) 19:42[ 編集 ]
巷で話題のフェルメール展。予約制(当日券もあり)とか
2,500円と高価ネタにも困りませんが、正直私は行く
予定はありませんでした。そりゃ「真珠の耳飾りの少女」とか
「デルフトの眺望」が来るなら万難を排しても行きますが、
ほとんどの作品は既に来日済みで見たことあるしな。
初来日の「赤い帽子の女」「取り持ち女」はあんまりフェルメール
っぽくないしな。今回はパスかな。

最後の真実
気が変わったのは「フェルメール最後の真実」(文春文庫)を読んだため。
よくあるフェルメール解説本かと思って何気なく買ったのですが、内容は
数多くのフェルメール展を企画されたキュレーターの方による業界の内幕?
を描いた本で知らないこと満載。フェルメールを持ってくることの困難さと
それを実現させる業界の方の努力、何より美術を愛する心に感動させられました。
これからフェルメール展に行かれる方は一読をお勧めします。
(写真はクリックかタッチすると拡大します)

名前はミルクさん
これは行かねばならないと早速チケットぴあで予約。
セブンイレブンでチケットを受け取って上野の森美術館へ。
混雑を避けるために平日の朝イチの時間帯にしました。

結構空いてます
公式サイトによると開始から1時間たってから行くと空いてると
いうのでその通りに行くとホントに空いてた(*'▽')
当日券も普通に売ってました。

やたら9/35を強調
で、感想ですけどやっぱり行ってよかった~(^^♪
さすが人数制限しているせいでフェルメールルームはかなり余裕があり、
じっくり鑑賞できました。むしろ数合わせの当時のオランダ風景画の方が
レイアウトの関係で混んでた。「取り持ち女」の右のワイン差し?が超絶技巧
とか、左のフェルメールの自画像とされてる男が意外に若いとか、「手紙を書く女と
召使」の画中画が結構細かく描いてあるとか、やっぱり実物を見ないとわかんないね。

行ってよかった
まあ無料の音声ガイドの解説が10ちょっとしかないとか(フェルメールは全部
解説つけるべきだろ)、グッズがいまいちとか突っ込みどころはあるけど、
フェルメールをこんなにゆったり鑑賞できる機会は多分ないのでオススメです。

次回は混んでます
外に出てみると次の回の行列が。なお人数制限しているといっても
入れ替え制ではないので(ずっといてOK)落ち着いて見られます。
この方式はもっと取り入れてほしいな(^^♪
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://espers.blog48.fc2.com/tb.php/1039-ce094dd8