FC2ブログ
霊感占い インフィニティ ブログ
インフィニティ鑑定師によるブログ。 インフィニティ先生方の鑑定例、エッセイなど載せて行きたいと思います(*^_^*)http:www.infinity-fortune.net
オカルトちっくな鑑定?
いつも元気なあるリピーターさん、私は良く
基礎化粧品の事など逆に教えて頂く事が多い感じな
素敵な方です。その方が不思議体験をされたのですが
私も自分が言った事と言うのは全部覚えてなくて(汗)
記憶を辿り書きます。(違ってたら教えてくださいね)

その日、お電話下さったのは良いけれど、まず声が変。
彼女の覇気のある、いつもの声ではない。
この方とは何年もお話して居るけれど、とても考えられない事。
どうしたんだろう。。。

「ここの所体調が悪いんです。。。」

原因を探る。。。見えて来たのは焼死したと思われる霊。
今回は明らかに霊障、憑依霊である。煙を吸って苦しかったんだろう、熱い空気で喉が焼けてるから、それをまず感じ取った。

心優しい彼女だから何処かで拾って来てしまったのだろう。

しかし此処で私が常に言う「全ては必然」と言うのが
当てはまっていると思う。この霊達(一体ではなかった)は
彼女が私に電話するだろう、まで分かっていたと思う。

「そう、すごく喉が渇くよね。。。」

確かそんな会話をした。

「そうなんです。確かに普段飲まない位に飲み物
 飲んでます。。。」

「この人達、苦しかったんだって。
 悪い事をしようとして来たんじゃなくて
 苦しみを分かって貰いたくて。」

私は霊媒体質だから、私が感じている=霊が移行して来て居るので
感じる訳です。ですから、ご相談者様は楽になる筈なのです。

大体これで治ってしまう方が多いのですが今回の場合は
やはり彼女の優しさと言うのに凄く惹かれて憑いて来て
しまった霊達だったので、

「騙されたと思ってやってみて。○○の方角に毎日
 水を置いてみてね。きっと楽になると思う。
 取り敢えず一週間はやってみて。。。」

このアドバイス、彼女は顕著に守って下さったのですが
私と話をした事で軽くなったのは勿論、この方法で
全ての不快感が3日目でス~ッとウソみたいに
体調不良が治ったそうで、ご連絡がありました。

この成仏していない霊達も、このご供養により
上に上がる事が出来た。

「何とかして!」と言われる方々多いですが、
電話鑑定で遠隔、ましてや、その方目掛けて頼って来た
霊達であれば、こうして、ご本人のご協力が必要な
場合もあります。

浮かばれない霊が上に行けた。これは、きちんと
感謝として、今度は、その方を護る側に
立ってくれると私は信じて居ます。
目に見えない良い事をするのを陰徳と言います。
苦しみ彷徨う魂を上に上げた。これは立派な陰徳です。

そのアドバイスが出来た私も、ちょっと
陰徳積めたかな?(笑)



ブログランキング

ぜひ応援お願い致します。












スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
すごい!!
そんなことがあったんですね・・・
先生たちのお仕事って体を張ってわたしたちのために・・・ありがとうございます。

○○の方角にとかっていうのは、なぜわかるのですか??不思議です。
なんだかすごいなあ・・・
2007/03/21(水) 00:48:55 | URL | チョコ #-[ 編集]
チョコさん、いつもコメント有難う御座います。
(^_^;)、、、何で分かるのか分かりません(^_^;)。
が自分の変な感じる力のお陰で浮かばれない霊達が
今回も成仏出来て良かったです(*^_^*)。

(^^ゞ、この程度の霊障では体を張るまでも
なく浄化出来ます。でも時にはとんでもない
恐ろしいのも居るから怖い~(>_<)!
2007/03/22(木) 17:40:24 | URL | 麗香 #-[ 編集]
本人です(笑)ほんとに本当に不思議な体験でした。先生に相談するまで約二ヶ月、とりあえず仕事にはどうにか行ってはいましたが鎮痛剤も効かない右の頭の痛みと顏の歪み、ヤケドのようなひりひりした皮膚の痛みが先生のアドレスで三日でほぼ完治したんですから、もちろん今ではすっかり痛みは治まりました。
もうあんな痛みは二度と嫌だけれど私の行った事が苦しい魂の少しでも助けになったのならば、結果としてはよかったんですね。
先生、本当にありがとうございました。
2007/03/22(木) 20:54:17 | URL | #KVSV0Bf2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://espers.blog48.fc2.com/tb.php/240-3f12de80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック