FC2ブログ

時代が失った心

知らない人の為に書いておきたい。

日本人であれば祖父母や曾祖父の時代に
必ずと言って良い程、家族を守る為と信じて
戦争で命を落とした方が居るはず
家族と子孫の幸せを願って

愛する彼や夫を、ある日突然、召集令状と
呼ばれる紙一枚で兵隊に取られる
女性は千人針の布を彼に持たせ
無事を祈り待つしかない

海外の日本兵は悲惨だった。
航路を断たれ食糧を積んだ船は沈められ
玉砕を余儀なくされた地域も数々ある
仕舞には戦術も尽きて命を落とす特攻命令まで下る
自爆。特攻隊は飛行機だけじゃなかったんだ。
魚雷もあったし戦車を倒すのもあった。

国内でさえ食べる物も少なくなり
それでも愛する人が帰ると信じて生きて
命を尊いものとし。
白いご飯なんて食べられなかったんだよ。

戦争が終わって時代は推移して、
そう、戦争はとっくの昔に終わり
日本は復興した。

そう何も知らずに我々は生まれた

でも時代と共に置いて来てしまった心がある気がする
置いて来ては行けない心を

今の人はさ

寂しいから死ぬとか
行き詰ったから死ぬとか

金がないから人を殺すとか
思い通りにならないから人を殺すとかさ
自分勝手な、そんな事件が相当増えた。

苦しくて辛くて泣き喚くのは良いさ。
あるよ、そんな事。

でも命を粗末にするのは違うでしょう。
あの人達はそんな心を育てる為に
死んで行ったんじゃない。

いつの日も人の心は変わらない

命を粗末に思うのなら
あの頃の人達は、どんな思いで生きて来たのか
検索してごらん。

硫黄島、サイパン島。。。「玉砕」と言う言葉さえ分からないでしょう?
それでも生き延びて帰って来た男達と待ってた女性達が残した
子孫があなた方なのだから。

毎日ご飯が食べられて平和なのが
幸せなんだと言う事を


























スポンサーサイト



テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体

コメント

§ うなずき読ませていただきました

はじめまして、こんにちは。

最後までうんうん、その通りだと思いますと読ませて
いただきました。

あまりにも死を選択する理由、人を殺める理由が
軽い・・・そんなことで・・・?ということが多すぎますね。

命を軽くを考えています。
自分の命も 他者の命も 小さき動物の命さえも・・・。

本当に何処までの人間が命の尊さを知っているのでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

霊感占い インフィニティ

Author:霊感占い インフィニティ



恋の行方、仕事、人間関係、結婚離婚
様々な悩みがありますよね。
相手の本心、進むべき方向を
的中率抜群の鑑定師がアドバイス致します。
不倫、三角関係、同性愛、どんな悩みでも御相談下さい。



ブログランキング
応援お願い致します


最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
誕生日占い
四季の花時計
リンク
RSSフィード