FC2ブログ
霊感占い インフィニティ ブログ
インフィニティ鑑定師によるブログ。 インフィニティ先生方の鑑定例、エッセイなど載せて行きたいと思います(*^_^*)http:www.infinity-fortune.net
パワースポットへ行こう☆.。.:*・°防府天満宮編
こんにちは、秋月です。
皆さま、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか? 

私は、山口県にある防府天満宮に参拝してまいりました。
防府天満宮

日本には、菅原道真公を祀った天満宮がたくさんありますが、この防府天満宮は、日本最初に創建された天満宮なのだそうです。京都の北野天満宮、福岡の太宰府天満宮と共に日本三天神と言われているそうです。

この日はあいにくの雨でした。そんな日の朝に参拝したので、静かな朝の神聖な時間を味わうことが出来ました。雨は、豪雨でもなく、さりとて霧雨というほど細やかな雨でもない、「小雨」といった感じだったでしょうか。しっとりした雨の中の神社の雰囲気も、落ち着いてとても良いものでした。雨という事と、朝の光が、神社の空気をより神聖になおかつ柔らかに見せてくれていたように思います。

防府天満宮の緑

「菅原道真公」と言えば、「怨霊」をイメージする人も少なくないのではないでしょうか。私の住んでいる福岡には、地元の人からも親しまれている太宰府天満宮があるためか、私には道真公は親しみやすい存在なのですが、関東から遊びに来た人などは「道真公=怨霊」といった印象の強い方もいらっしゃるようです。

実際問題、悪い出来事が続いたのを「道真公の怨霊のためだ」という事にされてしまったために、後々までそんな逸話や印象が残ってしまったのでしょうね。

山口県の防府天満宮から話が逸れてしまうのですが、福岡市中央区に、小さな「水鏡天満宮」という神社があります。ここも菅原道真公を祀った神社です。この水鏡天満宮には、道真公が左遷され博多に上陸された際、清流に臨んで水鏡に姿を写してご覧になり「私の魂は長くこの地に留まり、後世無実の罪に苦しむ人の守り神となろう」と仰せられた……という由緒があるのです。

私はこの由緒を知った時、道真公の言葉に感動しました。人間ですから、誰にだってネガティブな心はあります。嫌な事をされたり、無実の罪をきせられたら、恨みの気持ちがわいて来たり、仕返しをしたくなったり、「他の人も同じ目に遭わせてやりたい」と思ってしまうことだってあります。。道真公も人間ですから、そんな気持ちも少しぐらいはあったかもしれない。それでも、左遷のためとはいえ、縁あった博多の地において、「後世無実の罪に苦しむ人の守り神となろう」とおっしゃられた、その心の深さに、私は感動を覚えるのです。

都で「怨霊」と恐れられたものの正体、それは、道真公ではなく、「道真公を左遷に追いやった人たちの罪悪感」が本当の正体なのではないかと私は思っています。

静かな朝の、防府天満宮に佇んで、私はそんなことを思いめぐらしました。

人間というのは、いつの時代も変わらない。どうしても感情や欲得で動いてしまうところがあります。自分の利益のためなら他人を押しのけたり、罪をなすりつけたり。実際にそんな行動は理性で抑えても、心の中ではつい人を妬んでしまったり。

私は、防府天満宮に限らず、「天満宮」と名のつく神社が好きです。それは、訪れることで、菅原道真公の「心の深さ、懐の深さ」に触れることが出来るからなのかもしれない、と思います。たとえ無実の罪を着せられても、たとえつらい目にあっても、人を恨むことなく、「同じような目に遭う人を守ろう」と思えるような、そんな人間でありたいです。

防府天満宮の装飾

上の写真は、防府天満宮にあった装飾です。神社やお寺は、建築物も美しいですね。

防府天満宮・末社

上の写真は防府天満宮敷地内にある、末社です。新緑の季節なので、緑がとても綺麗です。

しっとりと降っていた雨と、朝の繊細で新鮮な光と、美しい緑に、心が洗われたような時間でした。

     By 秋月





ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

コメント
この記事へのコメント
秋月先生こんにちは
呪いの正体が罪悪感というのは私も同感です。
道真公も「呪ってやる~」とか言ったわけではないですし。
人を呪えば穴二つとはよく言ったものですね。
恨んだり妬んだりしないのは私には無理そうですケド(^^;)
2012/05/17(木) 05:45:37 | URL | 譲秀 #-[ 編集]
譲秀先生、ありがとうございます☆.。.:*・°
譲秀先生、共感して下さってありがとうございます。

「人を呪えば穴二つ」というのは、本当にその通りだと思います。結局は、自分の発した「負のエネルギー」が返ってきているだけではないのかと。

人間ですから、時にはドロドロした気持ちを私も含めて、誰しも持ってしまいますけれど、そんな自分自身を時に見直して軌道修正出来るようになりたいな、と思っています。
2012/05/19(土) 23:05:41 | URL | 秋月 #o/PXu/q6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://espers.blog48.fc2.com/tb.php/753-709671c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック