FC2ブログ
霊感占い インフィニティ ブログ
インフィニティ鑑定師によるブログ。 インフィニティ先生方の鑑定例、エッセイなど載せて行きたいと思います(*^_^*)http:www.infinity-fortune.net
パワースポットへ行こう!西伊豆、大瀬崎編
毎日暑いっスね~。譲秀です。
この時期になると毎日夜の神社に出かけます。
境内ではセミの幼虫が羽化のために土から出てくるんですが、
間違って気に登らずに道路に出ちゃうヤツが結構います。
放っておくと車に轢かれるか脱皮できずに死んじゃうので
捕まえて木に止まらせてやるんですが、しかし傍から見ると
タダの不審者だよな(^^;)通報されないことを祈るのみだ!(^^)!

おはよう忍者隊ガッチャマン(DVD出してくれ)で
ギャラクターさんが「もっと大事にしなよ失ってからじゃ遅いよ」
って言ってました。うーんその通りデス(T_T)
すいません私事でした。

西伊豆に知る人ぞ知る、という感じのパワースポットがあります。
矢じりの形をした伊豆半島。西側に突き出た先端にあるのが大瀬崎(おせざき)です。
ここは古くから神域として崇められているのですが、
なにぶんバスが一日一往復、しかも早朝と夕方にしかない不便なところ。
車を持ってない自分としてはナカナカ行きづらいんですが、
ここは海水浴場として有名で7~8月だけ沼津から船が出ます。
この期を逃してはならじ!早速行ってきました。

JR沼津駅です
まずJR東海の沼津駅へ。思ったより都会ダナ。
バスは南口になるのでお間違えないよう。

沼津港行きバス停
1番の停留所から沼津港行きで。土日には無料のシャトルバスも出てます。

2012年度沼津港行きバス時刻表

2012年度無料シャトルバス時刻表

観光船乗り場
沼津港バス停で下車後、左にある干物屋さんでチケットを購入。
そのまま店を抜けると乗船場です。

船キター!
思ったより小さいナ。普段は駿河湾周遊のレストラン船として働いてマス。

乗るとき怖いゼ
乗るときがちょっと怖い。大きな荷物持ってたら大変そう(^^;)

宇宙の海は~俺の海~♪
快適なクルーズ。所要時間は35分です。

岬~めぐりの~♪
やがて見えてくるのが大瀬崎。細長い岬やね。

波をちゃぷちゃぷちゃぷちゃぷかきわけて
船は手前の海水浴場に着きます。ここから歩いて10分位。
ってか海水浴のカッコしてないのは俺だけ(^^;)はっきりいって不審者だ。

愛より青い海~♪
ここはとても水がきれいだし三浦半島や湘南みたいにメチャ混みでは
ないです。あ~海パンもってくればよかった。

岬の地図
岬の先端には池があり、この周辺がパワースポットになります。

大瀬神社
岬の途中には神社があり、海の守護神引手力命(ひきてちからのみこと)サマが
祀られております。

出札所
大瀬崎周辺は神域なので、神社の出札所で拝観料100円を払います。
ここでは後述する鯉のエサも売ってます。

神池01
出札所から歩いてすぐの所にある神池。海がすぐそこだと言うのに
まるで山の中の池のようです。

海に突き出た岬にあるにもかかわらずこの池は真水で、
数万匹のコイ、フナ、ナマズが生息していて伊豆七不思議の一つと
されているそうです。しかし数万匹は盛りすぎじゃね?(^o^)

気持ち悪い(^^;)
大量にコイがいるのは事実のようで、エサをあげると大変なことに。
しかしここで3枚写真撮ったけど全部ピンボケ。
やっぱり神の池にカメラを向けちゃいけないのか?
(ただ下手なだけでは(^^;))

ベンチがあるけど暑い
この池は富士山から延びる龍脈の龍穴と言われ、池のほとりのベンチで
瞑想すると大きな気を感じられるとか。しかし暑すぎて瞑想無理!
もっと涼しい時期に来たいな~。

ビャクシンの木
更に池の周りを散策しましょう。日影が多く風もあるので思ったより
暑くなく快適に歩けました。ここは有名なダイビングスポットでもあり
時々ダイバーの人とすれ違いますが、海水浴の人はここまで来ないのか
ひっそりとして落ち着いた雰囲気です。

ご神木のビャクシン
この辺りに繁茂する木はビャクシンといって、中でも最も大きいのが
ご神木の夫婦ビャクシンとして祀られています。
ビャクシンは風格のある絵になる木ですが、実はナシの病気赤星病を媒介し、
地方によっては植えることを禁じられているのは秘密だ( ̄ー ̄)

岬の地図
岬の周囲には遊歩道が設けられており快適に歩けます。
今回は見えなかったけど天気が良ければ富士山が見られるとか。

また来るぜ!
ちょっと不便ですが伊豆に行かれる時は立ち寄られてはいかがでしょうか。
車だったらいつでもいけるしネ(^o^)
スポンサーサイト



テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://espers.blog48.fc2.com/tb.php/773-a2df4936
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック