FC2ブログ
霊感占い インフィニティ ブログ
インフィニティ鑑定師によるブログ。 インフィニティ先生方の鑑定例、エッセイなど載せて行きたいと思います(*^_^*)http:www.infinity-fortune.net
人は死んだらどうなるのか?その1

昨年、12月28日に父親が亡くなり秋月先生のヒーリングにて頂いたメッセージです。

これは12月30日、暮れのお忙しい時に秋月先生が快くヒーリングして下さいました。
差し支えない程度ですが、私の父の場合です。色を変えているのは私の言葉です。

--------------------------------------------------------------------------------
肉体が亡くなられて、まだ2日しか経過していないからか、肉体に近いエネルギーと、
そうでないエネルギーと両方を感じました。

肉体に近いエネルギーは、御遺体が寒い部屋に置かれているからなのか、季節的なものなのか、
あるいは体温が低下したからなのか、「寒い」という感覚を受けました。
お父様の意識がまだ肉体に残っていたら、肉体の体温も下がっていますし、御遺体は
温かい部屋に置くことは少ないので、それで「寒い」という感覚が伝わってきたのかもしれません。

親父はとても寒がりでした。そして病院でもずっと寒いと言ってましたのでその感覚がずっと
残っていたのだと思います


そして、お父様のエネルギーと近いけれど少し違う、霊的な存在のエネルギーがお父様の近くにいるようです。お父様のエネルギーとも似ているので、ご先祖、あるいは指導的な霊(いわゆる、指導霊とか守護霊と呼ばれるものなのか、あるいはお父様の前世なのか……。私は霊的な世界のしくみはよくわかないのですが、時折「前世が守護霊的な存在になっていることがある」といった話を聞いたことがあるので、今回のヒーリングで出てきたこの存在は、その「前世が守護霊になっている」という表現が近い気がしました。

前世が守護霊って現実的に考えると、どっちも同じ人なのにおかしくない?……という気がするのですが、例えば、過去でいろいろな経験をしてきた「自分」がタイムトラベルをして現世の自分を守護しているような、そんな印象をちょっと受けたんです。

でも、ご先祖様というのも、似たエネルギーをお持ちでしょうから、ご先祖様がお迎えに来てらっしゃるのか、あるいは前世の自分や指導霊的な存在が導こうとしてそばに来ているのか、どういったケースなのか私には判断がつきにくいのですが、「お父様に似ているけれど、霊的な存在で導こうとしている存在」がそばにいるようでした(わかりにくい表現で申し訳ないです)。

お父様は、今は苦しみはありません。今も肉体の近くにいて、戸惑っている面はあるようですが、そばに導こうとしている存在がいることにも気づいています。導こうとしている存在は、今は見守っていて、お父様を急かそうとはしていません。お父様ご自身は、まだ肉体のそばにいたいようです。お父様の魂は、長年、魂の器となってくれていた「自分の肉体」に愛着を持っていたので、お父様ご自身も、戸惑いつつも、肉体に感謝して、肉体に別れを言いたいお気持ちがあるようで、それで、お父様の魂は、今はまだ肉体のそばにいたいようなのです。

父は小さいけれど頑丈な人で鉄鋼業を営んで居ました。当然肉体には自信があって
年を取っても筋肉が衰えてないだの何だのと、良く自慢をして居ました。
それと前の日まで私と普通に話して居て翌日急変しての心停止、
本人も全く亡くなる予定はなかったのだと思います。

「死」そのものは受け入れているけれども、「肉体との別れ」はもう少し時間が欲しい……そういった状態のようです。年末は火葬場もお休みとのことですが、お父様の魂にとって、「肉体の別れに少し(亡くなった翌日とか翌々日ではなく、もう少し長めの)時間が欲しい」という事情もあって、魂が肉体から離れるのがこの時期になったのかもしれません。

私を含め残された家族達にも別れの時間を作ってくれた気がします。

お父様の魂は肉体のそばにいらっしゃるようなので、ご遺族の方も、状況や時間が許す範囲で、お父様の御遺体のそばにいてさしあげることが出来たら、お父様の旅立ちの時を見送るのに良いのではないか……と思いました。

良くお迎えが来るとは言いますが旅立ちの時、父にもお迎えの方が来てくれて
有り難いと思いました。

こんな時に私の霊感とやらは全く役立たずです。ご相談者様の事なら分かる事もありますが
いきなりお父さんが死んでしまうなんて全く考えてなかったので混乱状態でした。
秋月先生が居てくれて父のお導きと私の心のサポートをして下さり本当に良かったです

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://espers.blog48.fc2.com/tb.php/902-4d90d8d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック